ホーチミンに行くべき3つの理由

Three Charms of Ho Chi Minh

このサイゴンナビでは、ホーチミンに特化してその魅力を紹介していますが、なぜ海外旅行に行くならホーチミンなのか、その魅力を3つにまとめてみました。

1. 街がノスタルジックで美しい

東洋のパリと呼ばれているホーチミン。1945年の独立まではフランスの統治下にあったこともあり、教会やホテルなどヨーロッパの雰囲気を感じさせるコロニアル調の建築物が数多くあります。また、街なかの古いビルもそうしたテイストがあり、緑や花に溢れていてとても美しいです。

わざわざ遠くまで観光地巡りをしなくても、ドンコイ地区や、日本人街からタクシーで500円程度で行けるタンディン教会など見どころがたくさんです。

出張ついでに街を散策するだけでも十分に異国情緒を味わうことができますよ。

3890644324811187916_1.png

人民委員会庁舎

オペラハウス

2. リーズナブルに異国情緒を満喫できる

上海や香港もイギリスの統治下だった時代があったことで異国情緒を感じることができますが、物価が日本とそれほど変わらない水準になってきているので、ローカルな食堂ならともかく、飲食店で飲み食いすると日本より高いことのほうが多いです。

 

そうしたなか、ホーチミンは食べ物が美味しいうえに日本の飲食店よりも半額かそれ以下の価格になっています。また、料理にクセがないので、個人的なことではありますが、香草類が苦手な私でも安心して楽しむことができます。

 

また、それがヨーロッパになると飛行時間が半日近くになるうえに旅費が格段に高くなりますが、ホーチミンは私が住む名古屋の場合、飛行機に乗る時間は半分の6時間程度で、比較的豪華なホテルに宿泊しても7、8万円程度の旅費で3泊4日の旅行が楽しめます。

3. 人びとに活気があり、親切で優しい

ベトナム人は親日国家です。それは先人たちがベトナムの幸せのために貢献してきたことや、日本人の国民性が理解されているからのようです。なかには騙そうとする人もいるので気をつけなければならないですが、それはベトナムに限ったことではありません。

 

また、市場や道端などどこに行っても活気があり、エネルギーに溢れた街です。

ベトナム語は難しくて会話でのコミュニケーションが難しいですが、それでも相手も親身になって対応してくれるので、身振り手振り単語を並べてコミュニケーションを楽しみましょう。

さっそくエクスペディアでホーチミンの旅へ!! 

3泊4日のホーチミンへの旅にはリモワの61リットルが最適です。

サイト内の画像等の無断使用を禁じます。

当サイトの情報により、利用者および第三者に損害が生じたとしても、当方は一切の責任を負いません。

copyright © 2018 Saigon-navi all rights reserved.

logo_instagram.png